<<< 左藤あきら 衆議院議員:大阪2区(阿倍野区・東住吉区・平野区) >>>

お知らせ

『大阪を元気にする 大正生まれの 金の言葉』という本を出版いたしました!
この本は、大正生まれで今なお元気に暮らしておられる10名の企業人に直接インタビューをし、その生の声(言葉)と生き様を1冊の本にぎゅっと凝縮したものです。

現在の日本は、大阪だけではなく全体が沈滞ムードで、長期不況のあおりをもろに食らっています。この本は、そんな暗いムードを吹き飛ばし、皆さんに元気になってもらうために作りました。

大正生まれの登場人物たちは、青春時代を第二次世界大戦に奪われ、物資のない戦後の暮らしの中から日本を高度経済成長に導かれました。そして、バブル時代の到来とその崩壊も経験されています。常に日本の経済界を支えてきた人たちです。
その人たちの貴重な言葉は、金の言葉となって私たちの心に響きます。

本文構成は、10名の企業人の「自分史」「ミニ写真館」「インタビュー内容から4項目をセレクト」「70の質問シートから40の回答をセレクト」「金の言葉」となっています。それと、監修者としての左藤章氏のあとがき、コラム3本、編著者と監修者の共同挨拶(はじめに)となっています。
紀伊国屋梅田本店のビジネス書売上1位   (平成22年12月13〜19日)。
メディアにも取り上げられています。


監修:左藤 章
編著:クローズアッププロジェクト
四六判、本文314ページ
定価:1,680円(本体1,600円+税)
■登場人物(取材順・敬称略)
古市 實(プライミクス株式会社 会長) 吉本晴彦(株式会社大阪マルビル 顧問) 薩摩夘一(株式会社美々卯 相談役) 金剛利隆(株式会社金剛組 相談役) 西端春枝(大谷派浄信寺副住職/ 商業界全国女性同友会名誉会長) 徳光 憲(合名会社花外楼 会長) 樋口俊夫(ヒグチ産業株式会社 会長) 木下一郎(株式会社丸玉 会長) 竹原辰巳(株式会社富士工務店 会長) 久島ツヤコ(料亭 芝苑 大女将)

2010/12/28 読売新聞↑

2011/1/5 産経新聞↑

>>トップに戻る